8月 22, 2014
pgfone:

Buongiorno! :D

pgfone:

Buongiorno! :D

(nunnungogoから)

8月 22, 2014

from89:

The Golden Roach Project by Miklos Kiss

You Can Also Find Me -:

Skumar’s :- Twitter | Facebook | We Heart It | Pinterest | Subscribe

Other Blog :- India Incredible | Facebook

(nunnungogoから)

8月 22, 2014

(元記事: deepspeed (wakupediaから))

8月 22, 2014
"驚くべきことが判明した。『幸せホルモン』と呼ばれる『セロトニン』の95%は、なんと『脳』ではなく『腸』から出ていることが研究で判明したのだ!!

腸の状態が悪いとセロトニンもスムーズに分泌されないことが判明。便秘や暴飲暴食による腸の疲労状態を改善することが、幸せかどうかを感じることに大きく関係しているのだ。腸の状態が良いと腸から「セロトニンを出してくれ(笑)」と脳に指令を送るので、人間は「腸で物事を判断している」ともいえるのだ。

腸は熱を持つと「セロトニンを出してくれ(笑)」と脳に伝達する仕組みが体内に備わっている。逆に腸が冷えた状態であると「幸せじゃねえ(笑)」となってセロトニンが分泌されなくなる。普段から温かい飲み物を飲む、身体を温める食事をすることは風邪予防など、体のコンディションを保つだけでなく精神バランスを保つためにも効果的であるのだ。

また、同じものばかり食べることはセロトニン分泌を妨げることもわかった。食事が単調になってしまうと『体温調整』がスムーズに行えないため「同じもんばっか食っても幸せじゃねえよ(笑)」という状態になり、腸が脳にセロトニン分泌指令を出さないため、精神バランスが崩れ、ストレスから暴飲暴食やウツの原因となることも判明。

(略)

なお、腸からセロトニン分泌指令を出すのに最適な食品は『カレー』であることも判明した。スパイスが多く含まれ、たんぱく質、脂質、炭水化物がバランスよく摂取できるカレーは、腸を温める効果がバツグンなので「カレー食ったし幸せだわ(笑)」「セロトニン分泌しよっと(笑)」という状態となり、腸がセロトニンをドバドバ出すよう脳に指令を送るのだ。

カレーは小麦粉がふんだんに使用されている市販のカレールーを使ったものではなく、スパイスを混ぜ合わせた『インドカレー』など本格的なカレーが効果的。『薬膳カレー』と呼ばれるカレーは身体に良いだけではなく精神面にも効く万能食だったのだ。もちろん、小麦粉がメインではないスパイスが豊富ならば市販カレーでもOK!!
"

カレーを食べると、体内から幸せホルモン「セロトニン」がドバドバ出ることが判明!ストレスが減り精神安定するぞ : はちま起稿 (via utumblr)

(nunnungogoから)

8月 22, 2014
marg-okei:

Yubinuki - Japanese thimbles 加賀のゆびぬき。

marg-okei:

Yubinuki - Japanese thimbles

加賀のゆびぬき。

(murasakiuconから)

8月 22, 2014

twitter.com
Hello Wel­come Back

twitter.com

Hello Wel­come Back

(元記事: keikozakky (murasakiuconから))

8月 22, 2014

(murasakiuconから)

8月 22, 2014
"一日のreblogの終わりにシメのreblogってするじゃないですか。それを必ずreblogしてくれる女の子がいて、好きになっちゃったんですね。それで告白したんですが、実は女の子じゃなかったんですよ。そういう事が二回ありました。"

— tumblr developer’s meetup 2011を象徴するAK47氏のひとこと (via mirakui)

(ajiteiから)

8月 22, 2014

(元記事: pedalfar (highlandvalleyから))

8月 22, 2014
"

ある大学でこんな授業があったという。
 
「クイズの時間だ」
教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。
壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
「この壺は満杯か?」
教室中の学生が「はい」と答えた。
「本当に?」
そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、
壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。

そしてもう一度聞いた。
「この壺は満杯か?」
学生は答えられない。
一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。
教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。

「この壺はこれでいっぱいになったか?」
学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。

彼は学生に最後の質問を投げかける。
「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」
一人の学生が手を挙げた。
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、
 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」
「それは違う」
と教授は言った。
「重要なポイントはそこにはないんだよ。
この例が私達に示してくれる真実は、 大きな岩を先に入れないかぎり、
それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」

君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。
それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、
家庭であったり・自分の夢であったり…。

ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。
それを最初に壺の中に入れなさい。
さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから
自分の壺を満たしていけば、 君達の人生は重要でない「何か」に
満たされたものになるだろう。

そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、
その結果それ自体失うだろう。

"

コピペ新聞 (via lovecake) (via woody08) (via shinoddddd) (via atorioum) (via hisame) (via bardiche-side-b) (via gkojay) (via breaksole) (via darylfranz) (via mr-moai) (via nom0623) (via allsundaysmoon) (via bochinohito) (via diving-penguin) (via e-tag) (via magurohd) (via layer13) (via yta87) (via ryoutarou3)